【美容法伝授】おすすめのスキンケア方法とは

スキンケア方法は、肌質やライフスタイルによって人それぞれ。

しかし、基本的なスキンケアに関して、正しい方法で行うことが出来ているだろうかと不安に感じる瞬間は無いでしょうか。スキンケアの基本は化粧水・美容液・乳液。

自宅で行われる基本のセルフスキンケアには、それぞれの工程にしっかりと役割があるのです。

スキンケアの理由や期待出来る効果を理解した上でスキンケアを行うことにより、健康で美しい肌を維持しましょう。

基本的なスキンケアの役割

まずは基本となる3種類の化粧品に関して、その役割を見てみましょう。

化粧水

化粧水は、洗顔後に顔全体に水分を馴染ませるものです。洗顔後は、通常の状態よりも肌が乾燥します。そのため、洗顔を終えたら5分以内に化粧水を使用しましょう。

少量を数回に分けて塗る方法がおすすめ。肌にしっかりと馴染ませることが出来ます。乾燥が気になる部分は重ね塗りをしておきましょう。

化粧水には、肌に水分を与えキメを整える効果が期待出来ます。その後に使用する美容液や乳液を肌に浸透させやすくするのです。

 

美容液

化粧水で整えた後には、美容液を使用しましょう。

乾燥肌やニキビ、美白など、ケアをしたいトラブルに合った美容液を塗ります。

重ね塗りをすることで、より効果を実感できるでしょう。

 

乳液

化粧水と美容液の効果が長時間持続するよう、肌を保護します。優しく伸ばし、肌を軽く押してしっかりと馴染ませましょう。

皮膚が薄く乾燥しがちな目元や口元は、重ね塗りをすると良いでしょう。

反対に、Tゾーンは皮脂が多いため、乳液の量を少なくすることもおすすめです。

自身の肌に合った量に調整しながら使用してください。

化粧水を使用したパック

紫外線や乾燥が気になる季節には、スキンケアにコットンパックを取り入れることがおすすめ。

化粧水を使用したコットンパックは、非常に簡単に、手軽に出来るため非常におすすめの美容方法です。

用意するものはコットンと化粧水のみ。

コットンを多量の化粧水で浸します。

化粧水に浸したコットンを、4枚程度に剥がし肌に乗せて行くだけです。コットンパックに使用するコットンは、厚手のものが使用しやすいでしょう。

5分程度でコットンを取り、美容液、乳液でケアを行います。

10分、15分と長時間行うことで、「より高い効果が得られるのでは」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、長時間行うことで肌の乾燥を招いてしまうのです。それは、コットン自体が乾燥をし始めることで肌の水分を吸収してしまうため。

コットンが湿っている状態で、取ることがポイントとなります。

集中ケアにもパックを活用

いつも使用している化粧水を使用したコットンパックは日常的に、大切な予定の前日には美容液成分が豊富なパックがおすすめです。

保湿効果や美容効果が期待出来るパックは、非常に多くの種類が発売されています。

自身の肌の悩みや、気分に合わせて購入することも良いでしょう。

シートタイプと、肌に直接塗るタイプのパックがあります。

シートタイプは、袋から出すとそのまま使用出来る手軽なパック。

顔に乗せたら、隙間の無いよう肌と密着させます。

密着度の高さでは、塗るタイプのパックが良いでしょう。

湯船に浸かった状態で使用することで、血行の良くなった肌に浸透しやすくなります。

 

おすすめのパック「フェイスマスク ルルルン」

ピンク・青・白と3種類から選ぶことが出来るパック「ルルルン」は、様々な植物成分を配合しており、使用する方の年齢も選ばない万能な美容商品です。

42枚入りで1,620円と非常にリーズナブルですが、含まれる成分にはこだわりがあります。

それぞれの特徴

3種類のパックのうち、最も人気がある「ピンクのルルルン」は、「米セラミド」を配合している点が特徴。人間の肌に存在しているセラミドと似ている成分である米セラミドは、バリア機能を向上させる効果が期待出来ます。保湿、エイジングケアや殺菌効果も期待出来る「ハチミツ」も含みます。

「青のルルルン」は高い保湿効果が魅力。

ヒアルロン酸の倍ともいわれる水分量を保つ力のある「リピジュア」を配合。

リピジュアは、肌のバリア機能を高める効果も期待出来ます。さらに「ローヤルゼリーエキス」「ヒアルロン酸」などが、肌の保湿を行いながらキメを整え、陶器肌へ導いてくれるでしょう。

「白のルルルン」は、美白やくすみの改善などに効果が期待出来る種類です。「ビタミンC誘導体」が、あらゆる肌トラブルにアプローチをします。

メラニンを生成する働きを抑える「プルーン」「ソメイヨシノ葉エキス」や、肌の引き締めと保湿効果も期待出来る「キウイエキス」も配合。

ルルルンの価格

香料や着色料不使用であり、刺激の少ないルルルンのパック。厚みのあるシートで、顔に密着するという使用感も魅力。敏感肌の方や、ホルモンバランスが崩れ肌が敏感になっているという方にもおすすめの美容商品です。

ルルルンは公式サイト、楽天市場やamazonなどの大手通販サイトでも販売されています。

現段階では、公式サイト1,620円、楽天市場再安値2,020円、amazon再安値1,880円となっているため公式サイトからの購入がおすすめです。

おすすめプチプラパック「オールインワンシートマスク モイスト」

QUALITY 1st(クオリティファースト)の「オールインワンシートマスク モイスト」は、オールインワンタイプのパックである点が最大の特徴。化粧水・美容液・乳液の効果を発揮してくれるパックなのです。疲れている時や、スキンケアの時間を有効活用したい時などにおすすめの美容商品。

さらに価格は1枚47円と非常にお買い得な価格。毎日惜しみなく使用出来る点はポイントです。

スキンケア手順

スキンケアを行う際の手順は、使用している化粧品によって異なるケースもあるため、事前に確認をしてください。

ここでは、一般的な化粧品に多い基本の流れを紹介します。

スキンケアを行う前に

スキンケアを行う前に、準備をする必要があります。

まずは、しっかりと手を洗いましょう。手には様々な雑菌が付着しているのです。

そのため、手を洗わない状態でスキンケアを行えば、顔全体に菌を付着させてしまう事にもなりかねません。

スキンケアの前に手を洗うなど、少々面倒に感じることもあるでしょう。しかし、菌を付着させてしまっては健康な美肌作りどころか肌トラブルも招きかねないのです。

また、髪の毛や洋服など、顔に接触するものがない状態にしましょう。髪の毛は束ね、洗顔料や化粧水などが付着しないように注意が必要です。

朝のスキンケア

朝はシンプルに、洗顔後に化粧水~美容液~乳液で肌スキンケアを行います。

その後、乳液の成分が肌に浸透し、べたつきが無くなったところで日焼け止めを塗ってメイクを行いましょう。

夜のスキンケア

帰宅後はクレンジング~洗顔~化粧水~美容液~乳液です。

特にクレンジングは丁寧に行いましょう。

クレンジングの方法

クレンジングは、メイクを落とすことが目的です。日焼け止めや、ウォータープルーフのマスカラなど、使用しているメイク用品に合ったクレンジングオイルを購入しましょう。

メイク用品に合わないクレンジングオイルでは、落とすまでに時間が掛かる、強く擦らなければならない等、肌に刺激を与えてしまう場合があります。

クレンジング手順

ウォータープルーフのマスカラを使用している場合、まずはピンポイントでリムーバーを使用して落としましょう。落としたところでクレンジングオイルを使用し、両手で優しく馴染ませます。

円を描きながら顔の内側から外側へ向かって擦り、お湯で流しましょう。

クレンジングオイルは、多少顔に残ってしまっていても問題はありません。

次の手順である洗顔で洗い流すことが出来るためです。

洗顔のポイント

洗顔の際に大切なポイントは、「泡」。

専用のネットを使用することで、簡単にキメの細かい泡を作る事が可能です。

現在では、ボトル式の洗顔料であれば泡で出てくるといったものも多くなっています。

これらのアイテムを上手く活用しましょう。

洗顔では、余分な皮脂や肌の表面に付いた汚れ、クレンジングオイルなどを洗い流すことが目的です。

洗顔の手順

まずが洗顔料をしっかりと泡立てましょう。

泡の洗顔料を顔に乗せ、肌を擦らないように泡で洗います。

お湯で流し、タオルを押しあてるようにして顔を拭きましょう。擦ってしまうと肌に刺激を与えてしまうため、注意が必要です。

すすぐ際は、熱いお湯で流してしまうと肌の乾燥に繋がります。

そのため、35度程度のぬるま湯を使用しましょう。

日焼け止めの有効な使用方法

日焼け止めを使用する際には、塗る量が少ない場合紫外線をカットするといった効果を期待出来なくなってしまいます。

使用量の指示が記載されていない場合は、顔全体に対して500円玉程度の量を使用しましょう。

日焼け止めは、SPFやPAの値が高い商品であれば1日中紫外線をカットできるというものではありません。

汗や、洋服に擦れてしまうなどで部分的に流れてしまったり落ちてしまう場合もあります。

そのため、日中塗り直すことが必要となります。

メイクをした上から塗り直すことが難しい場合、スプレータイプの日焼け止めを使用することがおすすめです。

スキンケア化粧品のポイント

スキンケア化粧品で重要な点は、自身の肌に合っている商品かどうかです。

しかし、肌質は年齢やホルモンバランスなどによって変化をするもの。

そのため、同じ化粧品を使用し続けることなく、小まめに自身の肌質をチェックすることも重要です。

肌に合わせた化粧品を選ぶ

自身の肌質を見極めることは、意外にも難しい作業です。

美容コーナーなどで肌質のチェックを行うこともおすすめ。

また、スキンケア用品はサンプルから使用し、自身の肌との相性を見極めてから購入するという方法も有効です。

継続して使用が出来る価格

スキンケアは毎日行うもの。

自身の肌に合う化粧品は、肌に合う限り長期間同じものを使用することが望ましいのです。

メーカーが適量であると判断する量をしっかりと使用するために、無理のない範囲で購入できる価格の商品を選ぶことも重要です。

高いスキンケア用品が良く、安値のスキンケア用品が肌に悪影響といったことではありません。

オールインワン化粧品でスキンケア

毎日、家事や仕事、育児に忙しい女性の見方が「オールインワン化粧品」。

スキンケアを手短に済ませたい時にはおすすめのアイテムです。

オールインワン化粧品とは、1つに化粧水・乳液・美容液の成分が含まれています。1度塗ることで、すべてのスキンケアを済ませることが出来るのです。

使用方法は、通常の化粧水等と同様。洗顔をした後、肌に馴染ませるだけです。

しかし、乾燥が気になる部分には重ね塗りをして重点的にケアを行いましょう。

目元や口元など乾燥が気になる部分には、重ね塗りするのも効果的です。

オールインワン化粧品の魅力は、他の美容液などと合わせて使用することが出来るという点。

肌に馴染ませる必要がある美容液などは、オールインワン化粧品を使用する前に塗ります。

肌を保護する役割のある乳液やクリームなどは、オールインワン化粧品を使用した後に塗りましょう。

おすすめのオールインワン化粧品

アトミックハートのピュアメイジング「薬用Wオールインワンジェル」

化粧水・美容液・乳液の効果だけではなく、化粧下地など全部で12種類の効果を発揮するオールインワン化粧品。化粧下地にもなることから、朝の忙しい時間帯のスキンケアも短時間で済ませることが可能です。

配合されている「コラーゲン」はメラニン生成を抑制しシミを予防する、肌トラブルの予防などに効果が期待出来ます。「ヒアルロン酸」など保湿成分も配合し、健康的で保水力のある肌作りへと繋げてくれるのです。

医薬部外品の「薬用Wオールインワンジェル」は内容量60gで4,625円となっています。

年齢別のおすすめスキンケア方法

スキンケアの基本を理解した後は、肌質と年齢に合わせたスキンケア方法に絞る必要があります。

例えば、40代の方が20代の頃と同様のスキンケアを行っている場合。

望ましい状況では無いことは明らかですね。

スキンケア方法は、年齢にも合わせることが大切なのです。

20代におすすめのスキンケア方法

20代の方は、スキンケアに無頓着な方も多いのではないでしょうか。

スキンケアを意識せずに過ごしていても、肌には潤いがありシワやシミなどもありません。

しかし、肌の曲がり角は25歳。

そのため、20代になった瞬間から肌の老化は始まっていると考えて置く必要があるのです。

スキンケアに無頓着であれば、年齢を重ねた際に後悔することになるでしょう。

注意したいスキンケア方法

クレンジングオイルを使用する頻度に注意をしましょう。

クレンジングオイルは、メイクを落とす上で非常に重要です。しかし、必要な皮脂も落としてしまいます。

そのため、クレンジングオイルで擦る必要のあるウォータープルーフのメイク用品を使用したメイクは避けましょう。

メイクが崩れることを防ぐため、非常に便利です。しかし、クレンジングオイルで何度も擦らなければならない状況は、肌に負担となります。

たるみなどを予防するためにも、ナチュラルメイク、日焼け止めだけなどのメイクにとどめ、「洗い流す」という作業時間が短い状況を作りましょう。

20代におすすめのスキンケア方法

20代のスキンケアは、無頓着にならず毎日継続して行うということが大切です。

20代は、肌自体に保湿力がある状態です。そのため、保湿成分を含む化粧品、美容液などを過剰に使用してしまう事で、肌本来の保湿力が低下することに繋がります。

シンプルに化粧水と乳液だけでも良いでしょう。乾燥肌や敏感肌で、乾燥や肌トラブルが気になる場合には美容液なども取り入れます。

日常の中で注意したい点は、日焼け止めで紫外線をカットするという事。

紫外線の影響は、シミになるだけではなく肌の乾燥や乾燥に伴うシワや大人ニキビにも繋がります。

可能であれば日傘なども使用すると良いでしょう。

20代におすすめの美容商品

スキンケア、メイク用品などは、ライン使いにする事によってより高い美容効果を実感することが出来ます。

資生堂の「アルティミューン パワライジング コンセントレート」は20代におすすめの美容商品。

独自成分である「アルティミューン コンプレックスTM」を配合。この成分は、角質層を満たした上で、肌にとってバランス水分量へ整えます。

紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を保護する、肌本来の能力が高くなる効果が期待出来るのです。

そのため、シミやシワの予防、さらに保湿効果や美白効果も期待出来ます。内容量は50mlで12,960円。少々値は張ると感じる方も多いはず。しかし、資生堂の美容商品は年齢を重ねてもライン使いを継続できるため、おすすめです。

30代におすすめのスキンケア方法

30代は、結婚や出産、出世など大きな変化が起こる年代でもあります。

些細な変化でも、体はストレスを感じるものです。

自覚はなくとも、そのストレスは肌にも影響を及ぼします。また、ホルモンバランスが崩れやすく、肌質が変化をしたり敏感になるため肌トラブルも増えてしまうのです。

注意したいスキンケア方法

30代で注意したい点は、20代で使用していたスキンケア化粧品と同様のものを使用し続けるという事。

20代でシンプルなスキンケアを行っていた場合、肌本来の保湿力が下がる30代の肌では乾燥の原因にもなります。

美容成分が不足していないかという点にも注意をしましょう。

基本的なスキンケアには化粧品・乳液以外にも美容液を取り入れ、パックなどのアイテムも利用することがおすすめです。

30代におすすめのスキンケア方法

30代のスキンケアは、保湿成分を重視したスキンケア方法がおすすめ。

目元や口元など、皮膚が薄い上にシワが出来やすい部分は、美容成分の多い化粧品を重ね塗りするなどのケアで保湿を行いましょう。

保湿以外にも、エイジングケアを意識したスキンケア方法を取り入れて行きます。

不足してくるヒアルロン酸やコラーゲンなどを含む美容商品を中心に、20代までのスキンケアにプラスした方法で行うことがおすすめです。

30代におすすめの美容商品

30代におすすめの化粧品は、強い美白成分や様々な有効成分を含まないもの。しかし、肌の乾燥をしっかりと防ぐことが出来る、保湿成分の多い美容商品を選びましょう。

再春館製薬「ドモホルンリンクル」は、無料お試しセットが有名な美容商品。

ドモホルンリンクルは漢方の考えを元に作られており、肌が持つ力を向上させる効果が期待出来ます。

全ての商品に共通する特徴は、乾燥が原因となる小じわを目立たせないように改善すること

添加物は無添加、ほぼすべての成分は天然由来成分となっており、肌に優しい点も魅力です。

年齢を重ね、シミやシワ、肌のくすみといったエイジングケアを行うためにはおすすめ。

40代以降の方におすすめのスキンケア方法

年齢による肌トラブルを実感しやすくなります。

シミ、シワ、くすみといった、見た目の変化をケアしたい年代です。

40代では、自身が改善した肌トラブルに合わせたスキンケア方法を選ぶことが重要となります。

30代の頃よりも更にエイジングケアを意識し肌の老化を予防しましょう。

注意したいスキンケア方法

40代になると、肌のバリア機能が低下し乾燥しやすくなります。

そのため、肌の保湿が重要。

肌への刺激が、そのまま肌に残りやすくなります。ゆっくりと焦らずにスキンケアを行う必要があるでしょう。クレンジングや洗顔の際に強く擦る、マッサージを行うといった行為は、弛みやシワの原因となるのです。

可能な限り肌に刺激を与えないように、美容液などをしっかりと肌に浸透させることを意識することがおすすめです。

40代以降の方におすすめのスキンケア方法

クレンジングと洗顔の際には、肌をマッサージするように汚れを落とします。

マッサージは優しく、指の腹や手の平で行いましょう。

化粧水は重ね塗りがおすすめです。乾燥が気になる部分だけではなく、顔全体に重ね塗りをする事で美容液や乳液の美容効果をより高いものにしていきます。

目元や口元は、シワに間に塗り込むことを意識しましょう。また、ピンポイントでしわや乾燥が気になる場合、専用の保湿クリームで部分ケアも行います。

美容液が浸透したら、乳液で保護をしましょう。少々時間が掛かるかも知れません。しかし、肌への刺激を最小限にするという点を意識したスキンケアを行う必要があるのです。

40代以降の方におすすめの美容商品

刺激を与えないよう意識をしたスキンケア方法が最大のポイントである40代。

年齢を考えると、化粧品にも拘りを持ちたいところです。

年齢とともに、価格の高いブランドの美容商品が良いのではと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、価格が高いほど良い化粧品であるとは判断出来ません。

「オルビスユー」は、180mlの化粧水が2,800円、30gのクリームが3,000円と低価格ながら、エイジングケアラインとして高い人気を誇る美容商品です。

年齢とともに肌のハリが無くなった、乾燥によるシワが目立つなどのエイジングサインにアプローチをします。

オルビスユーシリーズの中でも、特におすすめの美容商品が「モイストアップローション」です。

「酵母エキス」を配合し、乾燥肌や乾燥により目立つシワなどを集中ケア。くすみを改善し、肌のトーンを明るく見せる効果も期待出来ます。非常に馴染みが良い使用感も魅力です。

内容量が多いことで、惜しみなく使用することが出来る点もポイントですね。

洗顔・化粧水・先行型美容液・日中用保湿液・夜用保湿液の入った1週間トライアルセット「オルビスユー贅沢体験セット」から試してみることがおすすめ。

価格は3,024円ですが、インターネット公式サイトから購入をする事で、すぐに使用可能となる700円ポイントが付与されます。つまり、実質2,324円で購入が可能となります。

スキンケアに関して、もっと詳しく知りたい方は下記サイトも参考にご覧ください。

今回掲載しているノウハウからあらゆる美容商品について紹介されていますよ!
>>Belle | あなたのキレイを応援する美容メディア

おすすめのスキンケア方法は年齢も重要

基本的なスキンケア方法で重要な点は、化粧水や美容液、乳液の役割を理解し、正しく使用することです。

20代のスキンケア方法は、化粧水・美容液・乳液といったシンプルなスキンケアを忘れずに行います。

様々な美容商品を使用することで、本来肌が持つ保湿やバリアといった肌機能の働きが低下することに繋がってしまうためです。

30代のスキンケア方法は、エイジングケアを意識しましょう。

40代は、気になる肌トラブルにアプローチをしていきます。年齢に合わせたスキンケア方法に加え、パックなどのスキンケアを取り入れることがおすすめです。

スキンケア方法を理解し、実践した上で自身の年齢や欲しい美容効果に合ったスキンケアを行いましょう。